ふとした時に考えてしまう3つの不思議なこと

1分で読めるコラムをよく更新してます。暇つぶしに御覧ください

husigi

通勤中や、歩いているとき、ちょっとした時に考えてしまう不思議なことをまとめてみました。最近特によく感じることですので、何かのメッセージなのかもしれません。

世の中の不思議というわけではありませんが、日常生活を送っている中で、おそらくあなたも感じたことがあるのではないでしょうか。

意識してみると、なるほどって思ってしまうことばかりです。

1.自動車保険はかけるが人生に保険はかけない

自賠責保険、任意保険、自動車を運転する場合、保険は必要不可欠だと思います。私も以前乗っていましたが、当然保険は加入していました。

1.1.なぜ保険に加入するのか?

保険講座ではありませんが、保険をかける目的はそもそも何でしょうか?普段は特に活用することもないのが保険というアイテムであり、あまり気にしないことかもしれません。

保険に加入する1番の目的は、”何かあった時のため”ですよね。

予期せぬ出来事が起こった時に取り返しがつかない状況を防ぐために、保険というアイテムを活用するのだと思います。

1.2.もしもあなたが、働けなくなったら・・・と考えたことありますか?

今日、ふと感じたことです。

  • もしも、交通事故で、体が思うように動かなくなったら。
  • もしも、病気で長期入院、大病を患ってしまったら。
  • もしも、特別な理由があって、働くことができなくなったら。

保険のセールスみたいになってしまいましたね(笑)

元気な時は、わからないものです。でも、実際その状況になると、本当に困ることは間違いありません。

風邪を引いた時、健康のありがたみがわかりますよね。それと同じだと思います。元気だから働ける、役に立てる場所があるから給料がもらえ、生活ができています。

もし、社会に貢献することが難しい状態になってしまうと、お金は入ってこなくなります。これは悲しいかな現実です。

いつなんどき何が起こるかわかりませんので、元気な時に収入の柱を作る仕組みづくりをすることをおすすめします。

  • 株式投資
  • FX
  • 不動産投資
  • ニューエネルギー投資
  • ビジネスモデルによる仕組み作り(フランチャイズなど)

探せば手段はあります。何かあったときの為に、今のうちから取り組む仕組みづくりこそ、あなたを支える最高の保険だと思います。

2.サラリーマンとして働きながら愚痴を言う

会社の愚痴、同僚の愚痴、上司の愚痴、待遇の不満などなど、普通に話されていますよね。

まあ確かに、腹が立つことや、気に入らないこと、人として理解できないことなどたくさんあると思います。私も、思うことはたくさんあります。

しかし、決して愚痴は言いません。

会社の看板を借りて仕事させてもらっていますし、今の会社を選んだのも自分です。愚痴がでるということは、私自身がまだまだ未熟な証拠です。

もしも愚痴を吐いてしまったら、私の恩師から、自分で選んでおきながら愚痴を言うなんて、何とも滑稽だ!と笑われてしまいます。

愚痴は吐くとすっきりしますし、その場の会話は盛り上がるかもしれません。しかし愚痴を吐いている成功者を見たこともありません。

3.生涯賃金がどう考えても足りないことに気が付いているのに動かない

生涯賃金と聞いて、正直あまりピンときませんよね。これこそ保険のセールスで言われそうな話です(笑)

細かい数字の話はしませんが、要は圧倒的にお金が足りないということです。

昔と比較して、全然足りません。おそらく何となく、感じていることではあると思います。がしかし、何人の人が対策をとって動いているでしょうか?

最近ではダブルワークで働く人も増えてきていますが、これからもっと当たり前になります。そうしなければ生活できない状況になります。

サラリーマンとして働きながら、アルバイトをして生計を立てる。

一生懸命働いて、家族を養っていくことは素晴らしいですし、男たるものそう在るべきだと思います。

しかし・・・1日何時間働いて、何年間続けなければいけないのでしょうか。

私は、何のために生きているのかわからなくなりそうなので、サラリーマンとアルバイトというようなダブルワークで生きていく生き方は選択しません。

やらなければならない状況になる前に、しかるべく対策を立て、行動しています。

もし今何も対策を考えていないのであれば、早急に動きだすことが大切だと言えます。そうでなければ、遅れてしまいます。

時代の流れは、今までの7倍の速さで進んでいます。だからこそ急ぐべきです。

まとめ

ふとした時に何を考えているんだ?と思ってしまいますが、大切なことだと思っています。

人生は一度きりですので、生きることを楽しめる余裕は常に持っておきたいものですね。