最も簡単に自分を変えるにはどうしたらいいのか?

1分で読めるコラムをよく更新してます。暇つぶしに御覧ください

今の自分を変えたい、変える方法を知りたい、と何かしらの理由で違う自分を探す人は以外と多いです。例えば恋愛、仕事、家族間の自分など、いろんな場面で「もっとこうなりたい」と思うことってありますよね。

私も同様、今の自分には全く満足していません。全てを変えたいと思っています。これはマイナス要素から思っているのではなく、向上したいという思いからではありますが、変わりたい思いであることは違いありません。

どのように変わりたいかは人それぞれ違いますが、もっとも簡単に今の自分を変える方法をお伝えしていきます。

人は人によって影響を受けていく

あなたの今をつくっているのは、あなたの過去の選択です。その選択の結果「今」が出来上がっているのですが、小さく噛み砕いていくと選択をする要因に近くにいる人、親、先生、友達など必ず人が関わります。

特に、人生において選択してきたときには「人」が関わってきています。

例えば、進学の際。

誰とも何も話さずに決めた学校に入ることは不可能ですよね。少なくとも先生と1度は会話しているはずです。進学校であれば面談を重ね進路を決めたりもしたかもしれません。最終的な決定権はもちろんあなた自身ですが、影響を受けた人は少なくとも存在しています。

環境を変えることが最も楽な変化の第一歩

自分を変えることと影響を受けていること・・・何が関係しているの?と思われるかもしれません。気付きにくいかもしれませんが、すごく深い関係があります。

生きていく上で「人」が影響を与えていることは理解できたと思います。実は今のあなたの性格、容姿、考え方、全てにおいて「人」が関係しています。

中学生の時くらいに、不良少年少女っていませんでしたか?もともと中学校に入ったときは普通の人だったのに、不良グループと仲がいいだけで、なぜかそのこも不良になっていたことってありませんか?これがわかりやすい例と言えます。

自分の意思決定や容姿、性格は自分で決めていると思いがちですが、実はその多くは環境(周りの人が作り出す状況や人の質)によって決定づけられています。

これがわかればすごくシンプルです。あなたが変化したければ、理想に近い人に近づく努力をしたらいいのです。いきなり100点の理想をつかむことは難しいので、まずは少しだけ近づく努力から始めたらいいと思います。

話をしてみる、観察してみる、積極的に近づいてみるなど、できることは色々あります。そうやって何かを始めることが大切です。

ベクトルを自分に向ける謙虚さも大切

環境があなたを支配していると聞くと、全ては周りのせいと言い始める人がいますがそれは違います。最終的にはあなた自身が意思決定をしているため、あなた自身が作り出していることは変わりありません。環境はあくまで意思決定に影響を与えている要素にしかすぎません。

変わりたいと願い実行しようとしてもなかなか難しい場合に、意思決定を行う要素そのものを変えてしまえば容易に意思決定ができるようになるという話です。

私の場合、家では仕事のやる気が出ません。全くダメなんです。それがわかっているので家には帰らず喫茶店や仕事がはかどる空間を探し、取組むようにしています。これも弱い自分を変える一つの工夫です。

変わろうとする意識から行動できれば必ず変わることができる

ここまでお伝えしてきたことは何も難しいことではなく当たり前のことを再確認してきた感覚です。それでもなぜ人が変われないのかというと、わかっていても行動に移さない、行動に移しても3日坊主で辞めてしまうなど、結局思いが弱いのです。

本当に変われる人は、変わりたい思いと変われない自分を天秤にかけたとき、楽勝で”変わりたい思い”が勝利します。思いが勝てば、自ずと行動に移っていくものです。

やるべきことを明確にしてひたすら動くのみ、それだけで人は簡単に変わり始めます。