孤独感を感じてしまう人に役立つ2つのこと

1分で読めるコラムをよく更新してます。暇つぶしに御覧ください

社会人になると、忙しい毎日が続きますよね。社会人なり立ての時は、日曜日の夕方から憂鬱だったことを思い出します(笑)

朝起きて、仕事して、乗り切って週末を迎える。そしてのんびりと休日。

こんな日々を送っているときに、ふと孤独感が襲ってくることがあります。たくさんの人と関わっているのに、たくさんの人と会話もしているのに、なぜか孤独感が襲って来たりします。

突然孤独感に襲われる時って、結構つらいものです。

他人に心を開いていないことが原因

孤独感に襲われる原因として、心を開いていないことがあげられます。多くの人と関わっていると、一見孤独ではない気がしますが、心を開いていないのでうわべだけの付き合いしかしていません。

当然楽しいわけもなく、思いっきり笑えることもないです。相手を受け入れて、心から笑うことができる回数が増えると一人の時間を楽しめるようになりますので、孤独感は感じにくくなります。

まずは、心を開くためにはどうすればいいかを知る必要性がありますね。2つお伝えします。

1.本当は友人が欲しい

本当は心から信頼できる仲間が欲しいんですけどなぜか素直に受け入れきれないと言いますか、そんなものは自然とできていくもので、何か努力して得るものではない、とか変なプライドみたいなものありませんか?

親しい友達ができないことを、「出来なくても大丈夫、一人で生きていける」って見栄をはってしまうんですよね。そんな時は、特に孤独感が強いと思います。

確かに縁も大切なんですけど、努力とか行動によって縁を引き寄せることがもっと大切なんです。そのためには、本当は信頼できる人との楽しい時間が欲しいと望んでいると認めてあげることが必要です。

2.必要とされる存在になる

これが最も役に立つ方法です。

孤独感を抜け出す方法として役立つのはこれが一番だと私は思います。孤独を感じる時は、基本、心がそこにない時に感じます。

例えば、

  • 飲み会の席でたくさん人はいるが、会話に入れていない、会話していても楽しくない、満たされない
  • 集団でいるときは、客観的に一歩引いた目で見てしまう
  • 休日を過ごしているが誰からも連絡がない

など、今その時間を楽しむことができず、自分は孤独なんだという殻にこもっていくように思えます。

これがもしその空間で”あなたが必要です”と感じることができたらどうでしょうか?

  • 飲み会の会話の中心があなたである
  • 集団でいるときも、あなたなしでは成り立たないと言われるくらい皆から必要とされる
  • 休日は友達の誘いで予定がたくさん

こんな状況だったら、孤独どころかちょっとゆっくり休みたくなるものです。

この2つを意識して、人と接するようにすると、少しずつ変わり始めると思います。