人とのコミュニケーションが苦手な人に役立つ6つのこと

1分で読めるコラムをよく更新してます。暇つぶしに御覧ください

人とのコミュニケーションが苦手で困っている人は予想以上に多いです。

社会に出てコミュニケーション能力はとても大切な役割を果たしていて、苦手であればあるほど、何かと不利になる場面って多いですよね。

ここでは、コミュニケーションを今よりもっとうまくとれるように、改善に役立つポイントを6つお伝えします。

【目次】

  1. 大切なことは聞く意識
  2. 相手が何を言っているかをしっかり理解すること
  3. 相手の話の腰を折らないこと
  4. 相手が聞きたいことと自分が話したいことを一緒にしない
  5. 話したことと伝わったことは違う
  6. 伝えたいことを明確に伝えること

1.大切なことは聞く意識

言葉のキャッチボールにおいて、最も大切な部分は、”話をしっかり聞く”という意識です。

人は基本自分のことを話したがる性質がありますので、聞き上手な人は相手から不思議と好感をもたれます。ただうなずきながら話を親身になって聞くだけで、「良い人だよね」と言われるほどです(笑)

それほど、人の話をしっかり聞いてくれる人が少ないということですね。

話をすることが苦手な人は、うまく話をしようとはせずに、まず聞き手に徹すると、びっくりする程うまく関係を築けますので、おすすめです。

2.相手が何を言っているかをしっかり理解すること

聞き手に徹するのはいいのですが、相手はわがままなことに、しっかり聞いてもらっているという意思表示も求めてきます。

ただ頷くだけでは、「ちゃんと聞いているのか・・・」と思い始めるものです。頷いて聞く中でも、相手が言うことを反復して言ってあげると、「ちゃんと聞いてくれているんだ!」と安心感を持つものです。

聞き手側として必ず必要になることは、”相手が言いたいことをしっかり理解すること”です。

うまく言葉にできないの場合は、何を伝えたいのかを予想して、こちらから聞き返してあげることも、時には必要となります。

ここ(本当に伝えたいこと)がしっかり受け止めれなければ、ズレが生じる原因となりますので、十分注意しましょう。

3.相手の話の腰を折らないこと

相手が気持ちよく話をしているときに、こちらから話の腰を折る行為は、相手の苛立ちスイッチを押す原因となります。

能力が付いてくると、相手が何を話したいのか、だいたい予想できるようになるものですが、それでも最後までしっかり話させてあげることが大切です。

相手はとにかく”話したい”のです。

”人は話を聞いてくれない人の話は聞かない”

これは覚えておくと便利ですね。

4.相手が「聞きたいこと」と自分が「話したいこと」を一緒にしない

会話の中でズレが生じる原因としてよく見かけるのが、”早とちり”です。

上でお伝えした、「しっかり理解する」ことができれば問題ないのですが、早とちり現象はよくみかけるので注意が必要です。

トラブルになりやすい例を1つ取り上げてみます。

【例】相手が話をしている時に、だいたい言いたいことを予測して、見事に話の腰を折ってしまい、こちらが話したいことを話してしまう。

さらに、相手がこれを聞きたいだろうと思っていた内容も外れている。そして見当違いの答えを返してしまう。

当然、相手はそんなことは聞いていない、と怒り出す。

という現象です。

話をしっかりと聞く、腰を折らない、内容を理解することを守れば問題ないのですが、早とちり現象は特によく見かけます。

5.話したことと伝わったことは違う

相手は、聞き上手ではないことがほとんどです。

コミュニケ―ション能力を上げたい!とも思っていないかもしれません。

となると、聞く力が高い人ばかりではありませんよね。私の感覚では、6割くらいの人が人の話はあまり聞いていないように感じます。

自分がしっかり話したことも、相手が受け取っていなければ、しっかりとキャッチボールが行えたことにはなりません。

大切なことは何を話したかではなく、相手にどう伝わったかだと言えます。

6.伝えたいことを「明確に」伝えること

相手により伝わりやすくするために、話す内容も明確に伝えることが大事になります。

漠然としたことを話してしまうと、相手も漠然としか受け取ることができません。

余計な情報は話さずに、「何を伝えたいのか」を自分の中に明確にもって、話を進めるようにしましょう。

できれば、相手にしっかりと伝わっているかを確認できるようになれば、会話のストレスはほとんどなくなります。

意思疎通のズレが相手をいらだたせている原因

苦手な原因(ポイント)は人それぞれ違いますが、コミュニケーションの本質はしっかり相手と「会話」することです。

コミュニケーションは、ただ話をすることだけがすべてではないのですが、重要な役割を果たしている部分は、やはり「言葉のキャッチボール」です。

僕が普段生活している中で、お客様とよくトラブルを起こす人は、やはりしっかり相手と言葉のキャッチボールがうまくできていません。

意思疎通にズレが生じることによって、相手は苛立ちを覚え、クレームへと発展していくのです。

まとめ

人の話をしっかりと落ち着いて聞く意識を持つこと、そして伝えたいことを明確に伝えること。

コミュニケーションは言葉だけではありませんが、しっかり言葉のキャッチボールができることはとても大事です。

上の6つを意識して取り入れてみると、今までとは劇的に違うコミュニケ―ションを取ることができるようになりますよ。