空気が読めないのを直したいあなたに必ず必要な3つの要素

1分で読めるコラムをよく更新してます。暇つぶしに御覧ください

人から嫌われる原因の中で、”空気が読めない”は、よく取り上げられますね。

確かに、空気が読めないのは正直イタイです。。こっちから誘いたくなりますからね。

ということで、ここでは空気がよめないところ(性格?)をなおしたい!と思っているあなたに必要な3つの要素を教えます。

直すために必要な3つの要素

空気が読めず、その場の空気を凍りつかせてしまう、誰かを傷つけてしまう、トラブルを炎上させてしまうなど、数々の困った経験があると思います。

そんなあなたを見て、陰口をたたいたり、仲間外れにされたこともあるでしょう。確かに、トラブルを引き起こしやすい人として認識されると、人から誘われにくくなりますよね。

だからと言って、へこまなくていいことをまずわかってください。

今のあなたを作り上げているのは、過去の環境が大きく影響しています。経験値、関わった人、育った家庭環境、決してあなたが望んで作り上げたわけではないのかもしれません。

過去は過去ですから、まず今変わりたい思いがあることに焦点を当てしっかりと向き合っていきましょう。

空気が読める人とと読めない人の大きな違いは、”周りのことを考える「気遣い」の差”と言えます。空気が読めないのは、言い換えると周りの人に対する気遣いが圧倒的に足りないことが関わっています。

  • 思ったことをそのまま発言してしまう
  • 周りにどんな人がいても気にせず好きな行動をとる
  • 自分がよかれと思ったことは相手のことを気にせずやってしまう

など自分よがりなところが共通点です。

相手に対する配慮をあと少しできるようになるだけで、凍りつくような発言はしなくて済むようになるでしょう。

1、相手の立場になって物事をとらえる意識をつける

これができれば苦労しない!と言われるのかもしれませんね。

空気が読めない、相手が嫌な思いをする、周りの人が嫌な思いをする場合、全てにおいて相手の立場に立つことができていないことが原因です。

相手がどんな気持ちでいるか、どんなことを思っているか、周りの人はどんな感じているのかなど、その場の気持ちをくみ取ることができれば、空気が読めないなんてまずありえません。

この言葉を言うとどう思うだろう、今この発言はふさわしいのか、など思ったことをすぐ発言するのではなく、少し考える意識を持つと徐々に改善されていくものです。 

考えすぎて沈黙してしまうと、逆効果にもなってしまいますので、極端になるのはやめましょうね。

2、相手を思いやる心

相手の立場にたつことも、突き詰めると同じですが、”相手に対する思いやり”を持つことが大切です。

思いやりさえあれば、自然と相手の喜ぶことをしようと考えるようになりますし、相手に対する配慮もできるものです。

もし今、相手を思いやる心が足りないのであれば、これは意識するしかありません。

人を思いやるとはどういうことかわからない人は、自分に無償で愛を与えてくれる人のことを考えてみてください。

ご飯を作ってくれる人、困ったときに助けてくれる人、相談に乗ってくれる人、無償で与えてくれる人は思いやりのかたまりです。

意識して接してみると、思いやりとは何か?が見えてくるものです。

3、相手としっかりコミュニケーションをとる

人は必ず信号を発信しています。コミュニケーションは、会話がすべてではありません。

言葉、表情、雰囲気、非言語的要素からも、相手の感情や思っていることを察することはできるものです。

これらすべてを含めて、コミュニケーションを図ると言います。

非言語から、相手も気持ちをくみ取ることができるようになると、だいぶ成長している証です。くみ取るというと、難しく感じるかもしれませんが、そうでもありません。

例えば、

  • いつもと違って元気がない
  • 口数が少ない
  • 笑顔が少ない
  • 目に力がない

こういうのって、普段から相手をしっかり観察していると、気が付くものですよね。

相手が発信している信号をくみ取って、ふさわしい発言、態度をとるように、意識していくことが空気を読めない自分を改善することに近づきますよ。

まとめ

空気が読めないのは、仕事、プライベートすべてにおいてマイナスに働きます。

上でお伝えしたことは何も難しくありませんので、改善したいならすぐにでも実践することをおすすめします。