自分に自信がないあなたに役立つ1つのこと(恋愛編)

1分で読めるコラムをよく更新してます。暇つぶしに御覧ください

自分に自信がないから恋愛に臆病になってしまう、恋愛に積極的になれない、自分から気持ちを伝えることができないといった悩みを抱えているあなたへ、役に立つたった1つのヒントをお伝えします。

自信がないという悩みを抱えている人は多いと思いますが、その多くが「思い込み」からきています。ここでは客観的な視点でお話ししていきたいと思います。

自信がないのはおかしいことではない

そもそも、の話ですが「恋愛に自信があるんだよね」という人はあまりいません。友達同士の会話の中で冗談で話すことはあったとしても、恋愛に自信があると言える人は少ないものです。

恋愛に限らず、特に日本人は自信がないと思っている人が全体の8割程にのぼるそうです。自信がないから気持ちを伝えることができない・・・というのはあなただけではなく、実は多くの人がそう思っているものなんですね。

自信がないことを理由としてしまうのが一番後悔する原因となる

自信がない理由は人それぞれあると思います。容姿にコンプレックスがあるから無理だ、こんな私に振り向いてくれるはずがない、きっと私なんかより素敵な人がいるんだろうな・・・と膨らむのは被害妄想ですよね。

今私が思うことは、対「人」ですので、極論ですが恋愛(お付き合い)ができるかどうかは、言ってみないとわからないが答えだと思います。どれだけ想像したとしても何も解決につながることはなく、自分が苦しむだけの状態に陥っていきます。

そういう時の想像はだいたいマイナスの想像にしかなりませんから、嫌な感情が襲ってきてしまい、また自分をマイナスへ落とし込んでしまいます。

こういったマイナスの感情の積み重ねで、今の自分の「自信ポイント」が低くなっているのです。

いつなんどきも、気持ちは伝えなければわかりませんし伝わりません。マイナスな理由をもって行動を抑制してしまうと後悔する要因ともなり得ますので、注意しましょう。

人は思ったよりも感情で動く動物である

好きでもない異性から、好きと突然言われると、最初はびっくりしますし、タイプでなければ断るかもしれません。しかし、なぜか不思議と翌日から意識してしまうものです。

クラスメイト、職場の人、行きつけの店の店員、シチュエーションは様々ですが、近ければ近いほど意識してしまいます。何とも不思議です(笑)

「好き」という言葉を言われて、嫌な人はいません。本能でプラスの感情を受け取るようにできています。といういことは、相手に好きというだけでプラスの感情を与え、感情を揺さぶっていることになります。

この原理から、好きと言われると妙に気にしてしまい、なんか不思議な雰囲気になってしまうのです。

自分に自信がない人に役立つ1つのこと

自信とは「自分を信じることができる力」のことです。信じる力は、成功体験から生まれるものです。恋愛だけでなく、勉強やスポーツ、趣味や遊びなど何でもいいんです。小さい成功を「できた!」と認識していくことで自信は積みあがっていきます。

今すぐできることとしては、自信をつけるためにできることを全部やること、としかお伝えできません。というのも、自信がない理由が十人十色のため細かくお伝えできません。(細かく噛み砕いた自信のつけかたなどは別途お伝えしていきます。)

できることを全部やった、という経験があなたにプラスをもたらすのは言うまでもありませんね。

世の中には、ありのままの自分を好きになってくれる人が必ずいます。当然、自分磨きをしていくことは大切ですし、磨けば磨くほどいい人と出会う可能性も高まります。努力する心を忘れず日々前進すれば、最高のパートナーと出会える日も近いと思います。