好きなことを仕事にできる選択肢の1つがブログだ

1分で読めるコラムをよく更新してます。暇つぶしに御覧ください

学生から社会人になる時必ず訪れるのが「自分は何の仕事をしたいのか」という疑問ですよね。

今までは漠然としか考えていなかったことも、現実的に考えるべき時が来たとき、誰もが自分と向き合う瞬間だと思います。

若い時は、その選択が自分の人生を大きく左右するという大きな意味を持っていると、あまり認識できないものです。

仕事を選択して社会に出て、”社会”という人の集合体がどんなものなのか理解できたとき初めて、当時の選択の重要性に気が付くものですよね。

好きなことを仕事にしたいけれど、好きなことを仕事にできる人はごく少数。

このジレンマにぶち当たることもあるのではないでしょうか。

例えば、

  • 野球
  • サッカー
  • 料理
  • 音楽
  • 動物が好き
  • 洋服

趣味と呼ばれるカテゴリの延長線に仕事が確立するものは、本当少数です。

  • プロになれるのは一握りの人間。その道を本気で目指すか。
  • 販売員などは普通のサラリーマンやOLと比較すると、年収は圧倒的に低い。が、好きなので”やりがい”を優先するか。

悩んだことがある人もいるでしょう。

理想通りの人生を送りたいのに送ることができない。僕も社会人1年目は本当に苦しみました。

1.”好きなことを仕事にする”捉え方を変えてみる

社会の波にのまれ、理想を追うことさえ難しくなった・・・そんな思いがあるのであれば、「好きなことを仕事にする」フィールドを変えてしまえばいいと思います。

昼間は生活をするために仕事をする。そして空き時間に好きなことを取り入れる。

生活の軸を好きなことにするのではなく、生活の隙間に好きなことを入れ込む感覚です。

隙間時間に入れ込めるツールとして活用できるのが”ブログ”だと思っています。

ブログは別に好きじゃないし・・・って思うかもしれませんね。ブログをうまく活用すると、好きなことを仕事にすることが可能です。

1.1一体どうやって好きなことを仕事にするのか?

あなたが好きなことを思い浮かべてみてください。

例えば、あなたが洋服が好きだとします。

昼間の会社員はパッとしないけれど、洋服に関しては、誰よりもこだわりがある自信がある。誰よりも情報を先取りしていると自負している。

その素晴らしい探究心と情熱を、ブログに詰め込むんです。

ブログの仕組みは、簡単に言うと個人が情報を発信するツールです。つまりあなたの探究心と情熱をブログを介して世の中に発信するんです。

もし、ブログが本当に情熱にあふれていれば、本当に素晴らしい情報が詰め込まれていれば、たちまちSNSなどで拡散し、あっと言う間に有名ブログに変化を遂げます。

1.2.有名ブログになると仕事となるのか?

ブログは思っている以上にパワーを持っています。

今では広告を出さずに、ブログに力を入れて広告替わりとしている企業もあるくらいです。魅力的なブログは専門業者から驚くほどの価格で買い取りの交渉がくるくらい力があります。

例えば、1日に500人、あなたのブログにアクセスする人がいたとします。月に換算すると、訪問者約1.5万人です。

あなたが情報を発信することで1.5万人に影響をあたえることができるわけです。

この1.5万人の中で、あなたと価値観が合う人が必ず出てきます。つまりあなたのファンです。

仮に1.5万人中5000人が、あなたの情報を楽しみにしているとします。100円で何かを販売すると、

100円×5000人=500,000円。

50万円です。

販売するものが何かはここでは触れませんが、ジュース1本より安い価格であれば、あなたのファンである読者が購入する可能性はずば抜けて高いです。

ここまでくると、事業レベルと言えますね。

1日に500人って・・・そんな人気ブログ書けないよ・・・って思うかもしれません。

下記画像をご覧ください。

akusesu

これは僕が運営しているブログの1つのアクセス数です。

1日に約500アクセスを超えています。5月現在では、1日1000アクセスを超えています。

パソコンに貼りついているブログのプロでもなく、本業は別にあります。

ブログを書き始めたのはちょうど1年前。ブログ歴1年たたない内に、ここまでアクセスが伸びました。

見ていただくとわかるように、初心者から始めた私でも1日500人訪問するブログを作成することができています。

僕がやったことは、興味のある分野で、情報を発信し続けたこと、ただこれだけです。

画像をあえて公開したのは、自慢したいわけでも何でもなく、あなたにも出来ると感じてほしいからです。

ではどうやればそんなアクセスが伸びるのか?ってことですけど、これから当ブログで徐々にお伝えしていきいたいと思っています。

僕自身もブログに書き留めることでアウトプットになりますし、まだまだ向上したい思いもありますので、随時更新をしていきたいと考えています。